FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セブンスター(北千住)

ピンサロ 2000円~
マンツーマン

30分(15分×2回転)3000円
満足(★★★☆☆)
 
シングル
10:00~14:00 2000円
14:00~17:00 3000円
17:00~24:00 4000円

指名料:5000円(マンツーマン30分)

電話:03-3870-6733
住所:足立区千住1-33-8 吉川ビル2F


日ピン研
http://www5.ocn.ne.jp/~matrix/reports/syn_salo.htm
http://www5.ocn.ne.jp/~matrix/reports/jj_saloc.htm


ここ最近ずっと続いた真夏日も前日の雨と、
気圧の関係か強めの風で比較的に涼しい日。
時間はもうすぐお昼時の11時頃です。

前回のダウンタウンに続き、
今回は更に駅から少し離れたセブンスターへ。

この道は人通りが多いタイミングもありますが
全く通らないタイミングもあり、
良く見るとうねうねして先を見通せず、
道の両脇のお店が雑然としているので
比較的風俗店に入りやすい道といえます。

この時間だとシングル2000円、
「新人続々入店」などと書いている紙が
汚れており年季が入っていますが
常に新人さんが入り続けているのかもしれません。

階段を上りはじめると初老の店員さんが降りてきます、
「待ちますか?」と聞くと「やってます、どうぞ」と言われます。
なんだか話が噛み合ってないような。。

2階まで上ったところでいよいよチェックポイント到来。
「入口の表示価格より1000円増しの価格提示」どうか!
こちらから誘導したくないのでワクワクしながら出方を見ます..

すると「指名はありますか?」「あ...」
聞きなれた質問ですが予想してなかったので虚を突かれました。

「写真見れるの?指名料はいくら?」「5000円です」
恐らく指名料が2000円で3000円に上乗せされて5000円なんだろうし、
写真についてはスルー..ちょっと説明不足な感じがあります。

「指名しなかったら幾らですか?」「3000円です」
あ、しまった。軽く誘導しちゃった。。
これでは(キターーー!)となれません。

「下に前金2000円だけって書いてあったよ」と言うと
「1回転なんですよ~、プラス1000円で2回転なんです」と笑顔、
(知ってるのに聞いてすみません、初めから3000円払うつもりです)
「じゃあ3000円でお願いします」とこちらも笑顔。

プチボッタ説があったのでワクワクドキドキでしたが、
まず指名を先に聞いて、オプションデフォしつつ
こちらの疑問には答えてくれるのは普通と言えば普通です。
セブンスターがとりわけ悪いわけでもない訳で。。

なんだかちょっと良い方の肩すかし感を味わいつつ
3000円を払って開けてもらったドアの中へ入ります。

く、暗い!ほんわか灯りがあるが目も慣れてないし
足元は黒めのカラーリングなので足元が分からない..
外が明るかったから余計になのかもしれないけど..暗い。

おわ、これが噂の天井までのシースルーカーテン!
薄手の生地なのに中の様子が全く分からん!
プライバシーに配慮してるピンサロだな~と思いつつ席へ。

後で聞いた話だと、ここの席がこの店で特等席らしい。
というのも目の前にエアコンがあるためで、
遮蔽性を高めたレイアウトが風を妨げるため
体感温度に結構な違いが出てくるのだという。

そんな席に座ってみる。奥行はそんなになく、
寝っ転がるのはちょっと厳しめに思われる。
背もたれは直角なので浅く腰かけるのも具合が悪い。

でも後ろの席には使われない椅子があるため
この高いカーテンといい、周りとの隔離感はすごい。
1回転なら2000円でこのスペースなわけだし
なかなか期待できるのではないでしょうか^^!

座ってすぐにさっきの店員さんが麦茶をそっとテーブルへ、
お礼を言ってゴクリと一口だけ、普通の麦茶です。

ここいらから少し目が慣れてきました。
壁に書かれている字も読めはじめます。
禁止行為の張り紙やアルコールのオーダーっぽいです。

3分もたたずに1人目の女の子が登場でこんにちわ。
ぬお、スレンダーで出るとこ出てて顔立ちの良い子です。
年は見た目は20後半といったところでしょうか、

まずは「どーぞ」とお手拭きをくれます。
拭き終わるともうひとつ「どーぞ」とお手拭きを差し出します。
(なんだこいつ..)と思いますがここはお手拭きをいただきます。

先の冷たいお手拭きはひんやりと冷たく、
その後のお手拭きは暖かい。(なるほど..)
料金も安いし、遮蔽性も高いし(私はちらでもですが..)
女の子も可愛いし、サービスも素敵。
このお店、なかなか素敵なんではないですか??

「今日はお仕事ですか?」「今日は涼しいね」とか
よくやるお話をうまく軽く投げかけるのも早々に
切り良く「じゃー下も脱いでいきましょうかー」と言われます。

女の子は背もたれの方を向き服を脱いでいきます。
浴衣のようにも見えましたが、後々目が慣れて壁を見ると
7/1~7/7は甚平フェアやってるよ(はーと)とあったので
甚平だったのかもしれません。

おっぱいをてろんと放り出しますが、
下は例によって女の子という事で、お尻に赤い花のついた
可愛らしい黒いおパンティ様をはいたままでのご奉仕との事。
ま、いいっす、3000円で2回転でこのクオリティですから!

放り出した私の愚息を丁寧にふきふき。
縮こまって親指サイズ、しかも皮に隠れた子を
この暗い中で丁寧にムキムキしてからやっぱり
冷たいおしぼり、あったかいおしぼりで撫でて拭きます。
その間もずっと優しく話しかけてくれます^^

拭き終わると胸元を顔に近づけてきます。
触った感触で女の子の推定年齢を
20代後半から30代半ばに脳内修正をしました。

ですが、多少重力に負けてはいますがなかなかの大きさ。
肌はすべすべでさらさら、張りこそはないにしても
こぼれ落ちるように柔らかなトロトロおっぱい。
両乳首を一緒に頬張ったり大口を開けて吸い込んだり
お尻の方が好きな私がおっぱいと遊び呆けてしまいました。
この子のおっぱいはたいへん良質なおっぱい、太鼓判です。

散々遊び倒したあとは私の膝に座り「乗っちゃった」と笑顔、
シャツをまくしあげて私の乳首をテロテロチュッチュ。
こちらもおっぱいとお尻を両手でモミリモミリ....

相手にされてないのにも関わらず、
このやらしいシチュエーションに愚息がムクリ。
手を持ち上げて脇を舐めると「8×4しちゃったよぅ」と可愛く言い、
身体を起こさせておっぱいをまた舐めると顔を触ってきます。

しばらくすると態勢を変えてフェラーリポジション。
舌先でご挨拶しつつヌメラヌメラと口の暖かい感触、オフゥ。

両足をそろえて膝を背もたれの方に向けたり、
片足をのばしてみたり、どんな姿勢で見てもエロい体です。
肉付きがないわけでは無く、スレンダーでもあり、
何より全身の肌がすべすべで適度にしっとりの良い感触。

手が2割、お口が8割、色々なところを
色々な方法で刺激てくれます。
テクニックは中の上。十分満足なサービスです^^

途中お尻をツンと出す態勢になると、お尻に可愛い花が..
何を思ったかしばらくその花を揉み続ける私です。

途中で手コキだけしてもらいつつ
おっぱい舐めたりキスがしたくなったので
体を起こさせてまずおっぱいを再度堪能します。
その間もこぎみ良く手コキを続けてくれる嬢。

何かをしきりに話しかけられつつ私は下乳あたりを貪ります。
柔らかくてすべすべのおっぱいは
張りのある釣鐘型おっぱいに並ぶ銘乳かもしれません。

愚息の絶好のポイントに入り思わずおっぱいから口を離すと
「ここ好きなんだぁ」と女の子が顔を急接近、
フーっと息を吹きかけられてから更にゆっくり近づき優しくチウ。
こちらからは唇をぺロリとしてお互いチウチウし始めます。

愚息には手コキ、右手には腰からお尻、右手は乳首で口はチウ。
(グ・ラ・ン・ド・ス・ラ・ム・だー!)と盛り上がりますが
そこで無情にもタイムアップでしばらくカポーンと放心状態。

私はフリー至上主義ですが、
この子なら5000円でマンツー30分もありだな..と思いました。
「もうちょっとだったのにね、ごめんね~」と謝られます。

着衣をした女の子が荷物をまとめてから
「それじゃ下ももう一度はいて待っててね」と。
2回転の途中ではくというのは初めてでした。。

ま、そういうことならとはき始め、
ハーフパンツを上げたところで次の嬢が顔を出します。

…何という事でしょう、結構なご年配です。
さっきイけなかったのが更に悔やまれます。

会話もそこそこに早速脱ぎ、
同様のおしぼりの流れから速攻に
直フェラーリから開始。
さすがは年季の入ったテクニックですが
視覚を完全無視できるほどのキャパを
残念ながら私は持ち合わせておりません。。

体を撫でまわしますがなんだか無念なので
泣きたくなる気持ちをグッとこらえ目をつむります。
さっきまで傍らにいた嬢は想像しやすいので
また脳内で再現、しかも脳内なら何でもOKです。

脳内ではなんやかんやあったという事で
さっきの子と本番行為してる妄想をして目を硬く閉じます。
薄眼をあけるとたいそうな年輪がある嬢がフェラーリ、
人間が手に入れた現実逃避という能力が発揮されます。

この嬢は手は添えるだけの口100%。
腰に甚平らしきものを巻いてはいるものの
下も完全に脱いでお触りも拒まずないい子です。

さっきギリギリだったのが幸いしたか、妄想の勝利。
「イ、イくよ~」と声をかけて口内放出。

私にはレディファーストと気配りの心があるので
処理を後に回されても文句は言いません。
このまま目をあけると賢者モードが後悔に拍車をかけるので
丁寧なお礼と、恍惚とした表情を守りつつ
私が目をつむったままで嬢の退席を促します。

改めて自分でコロボックルをフキフキし、
脱いだものをはきなおします。
しばらくすると先ほどの嬢が戻ってきたので雑談。

なんでもテレビは新しいものであれば
主電源もリモコンでの電源も消費電力は変わらないようです。
そんな伊藤家を教わり席を後にしました。

入店から1人目の畳みかけるような好印象もありましたが、
トータルで考えると平均点ちょい上が妥当なライン。
はじめはワクワクやドキドキもありましたが
3000円にも関わらずとても満足な時間を過ごせました。

声だけしか聞こえませんでしたが聞こえる声はどれも若く。
他の女の子も確認するために、北千住で野暮用があるうちに
裏を返さなくてはいけないと感じました。





大きな地図で見る


大きな地図で見る
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

AKIRA

Author:AKIRA
お財布と股間に優しいリーズナブルな風俗店のみを実体験を元にレポートするサイトです。サイトタイトルは5000円札に印刷されている樋口一葉の作品「たけくらべ」と、低価格風俗の主役であるピンサ特有のオープンスタイル(密室ではないという意味で)でニョキニョキと生える「たけのこの背比べ」という意味をを込めて。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2ブログ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。